HMD Gesture
簡易型HMD環境におけるスマートフォンの内蔵センサを用いた運動識別
Movement Recognition Using Internal Sensors of a Smartphone-based HMD
2020
松井良太,加藤花歩,杉浦裕太
Ryota Matsui, Kaho Kato, Yuta Sugiura

スマートフォンをVRゴーグルの中に挿入する簡易型HMD環境では、スマートフォンのタッチパネルを用いた操作が困難である。そこで本研究は、簡易型HMD使用中の新たな操作手法として、ジャンプやターンなどの運動を各操作と紐付けることを提案する。運動の検知や識別には、スマートフォンに内蔵された加速度センサとジャイロセンサが用いられる。ユーザごとにサポートベクタマシンによる運動の識別器を生成し、その識別精度を検証した結果、16種類の運動に対して平均92.03%の精度が得られた。

It is difficult to use the touchscreen of a smartphone which is enclosed in the Virtual Reality (VR) headset of a smartphone-based head-mounted display (HMD). In this work, we suggest a new interaction method of smartphone-based HMDs, linking various movements, such as jumping and turning, with the manipulations of a VR environment. We used the accelerometer and the gyroscope of a smartphone for detection and classification of the movements. In case of generating a support vector machine (SVM) classifier of movements for each user, the average movement recognition accuracy for 16 movements was 92.03%.