PAS with Slippers
IMUを組み込んだスリッパ型デバイスによる個人識別手法の検討
Personal Identification Method by Slipper-type Device with IMU Sensor
2020
藤井美結,加藤花歩,Chengshuo Xia,杉浦裕太
Miyu Fujii, Kaho Kato, Chengshuo Xia, Yuta Sugiura

本研究は、シニアステーションや地域公民館のように人々が集う場における利用者管理の目的でのユーザ個人識別の利用を想定し、カメラを使用しない、日常動作での個人識別を目的とする。対象としている屋内施設における日常動作として利用者の歩容を定義し、その動作計測の方法として、施設内で利用される「履物」に注目した。特にスリッパは、対象とする屋内施設で使用されていることが多い。そこで、これにセンサを組み込むことにより、歩行動作を計測し、個人を識別する手法を提案する。このデバイスの導入によって、人々が集う場において個人を識別することができ、出席率やリピート率などの人々の行動記録が可能となる。

This research assumes the use of user personal identification for the purpose of user management in places where people gather, such as senior stations and community centers, and aims at personal identification in daily activities without using a camera. We defined the gait of the user as a daily movement in the target indoor facility, and focused on the "footwear" used in the facility as a method of measuring the movement. In particular, slippers are often used in the target indoor facilities. Therefore, we propose a method to measure walking motion and identify an individual by incorporating a sensor into it. With the introduction of this device, individuals can be identified in places where people gather, and it becomes possible to record people's behavior such as attendance rate and repeat rate.