研究室見学日程

・11/05(月)18:10~19:10@DR8(14-218)
・11/09(金)18:10~19:20@DR2(14-212)【寺岡研・金子研と合同】
・11/13(火)18:10~19:10@DR8(14-218)【松谷研と合同】
・11/15(木)18:10~19:10@杉浦研究室(25-412)

各回20~30分ほど説明した後,教室を移動してデモを行う予定です.11/15(木)はデモを実施しませんが,その時間でラボをオープンしていますので見学や相談希望者はお越しください.

杉浦研について

研究プロジェクト
杉浦研にあるもの
年間スケジュール

こちらに記載しているのは2018年の学部4年生のスケジュールです.参考までに!

2月~3月 基礎輪講

電子工作,ファブリケーション,プログラミングなど,研究でよく使う知識・技術について学びます.やったことがない内容でも,先輩が0から指導してくれるので大丈夫.
他にもチーム/個人で実装を行ったり,外部に発表するイベントを行ったりと盛りだくさん.これから一緒に過ごすことになる先輩・同期たちと仲良くなりつつ頑張りましょう!

4月 論文輪講

英語の論文を読み,スライドにまとめて研究室内で発表します.スライド作成や発表練習を通してプレゼン力を身に付けます.7月の情報工学輪講の準備でもあります.

5月~6月 仮卒論テーマ決定,実装

いよいよ一人ずつ研究テーマが決定し,自分の研究が始まります.困ったら先生や先輩に相談!

7月 仮卒論発表,情報工学輪講

仮卒論の進捗を研究室内で発表します.情報工学輪講では,論文輪講で選んだ論文を他の研究室の先生方の前で発表します.

8月~9月 夏休み,夏合宿

今年の夏合宿は2泊3日で白馬へ行きました.合宿といっても遊ぶだけです.パラグライダー,フォレストアドベンチャー,釣り,花火などなど,アクティブに夏を満喫しました.ボードゲームも沢山持っていくので,インドア派の人でも大丈夫.
仮卒論の進捗次第では,夏休みに学会発表をする人も.

10月~12月 本卒論

本格的に卒論がスタートします.仮卒論テーマを継続してもいいし,新規テーマに取り組むことも可能です.卒論をもりもり進めると,12月ぐらいに学会に投稿することができます.

1月 卒論発表

いよいよ卒業論文の提出&卒論発表です.研究の成果を他の研究室の先生方に向けて発表します.合格すると無事に卒業です.お疲れさまでした!

2月~3月 新B4基礎輪講,冬合宿

気づくと後輩ができています.1年前を思い出しながらガッツリ指導してあげてください.冬合宿では例年スキーやスノボをします!動きたくない人でも観光やそば打ちを楽しめます.

そのほか,不定期でイベントが発生します.
輪講や卒論発表後に打ち上げをしたり,外部からゲストをお迎えした場合は歓迎会をしたり.お好み焼きやたこ焼きパーティー,ボードゲーム,スポーツイベントが企画されることも.

Q&A
杉浦研の日常

Q.研究室にいなければならない時間帯(コアタイム)はある?

A.コアタイムは無く,自分でスケジュールを管理しながら研究を進めています.プログラミングだけでなく研究室の設備でモノづくりをすることも多いので,なんだかんだ研究室にいる人が多いです.
ちなみに杉浦先生は健康的な生活をされているので,夜遅くまではあまりいらっしゃいません.
ただし進捗,情報共有のためのミーティングは参加必須のイベントです.2018年度は隔週のチームミーティング(+輪読),月に一度の運営ミーティング,進捗ミーティングがありました.

Q.ミーティングって何するの?

A.2018年度は主に以下の3つを定期的に行っていました.
運営ミーティング(月に一度):月初めに一ヵ月のスケジュールを共有
進捗ミーティング(月に一度):一か月の研究進捗を報告
チームミーティング(隔週):研究テーマや指導教員に応じてチームに分かれ,進捗を共有&輪読

Q.輪読って何するの?

A.春学期はチームごとに本を一冊選び,輪講形式のワークショップを行いました.
秋学期は研究室メンバーが得意なことorこれから取得したいことを学んで,他メンバーに伝授するワークショップを行う予定です!
例:3Dモデリング,イラスト,動画制作などなど

Q.杉浦先生とはどんな感じで交流してるの?

A.ミーティングの他にも先生の時間が許せばいつでも研究相談・報告が可能です.
普段から同じ居室で作業されているので,先生とはかなり話しやすい環境だと思います!(これは結構大事)
研究面だけでなく,一緒にお昼を食べたり雑談していることも多いです.

Q.学生ってどんな雰囲気?

A.オタク様々なものに熱中している人が多いです.みんな研究と自分の好きなことを両立している感じです.好きなことがそのまま研究に繋がることもあります!

Q.居室での過ごし方は?

A.当然ですが一人一台PCと座席が与えられ,基本的にそこで研究をしています.ハードを作ることも多いので,3Dプリンターやはんだ付けスペースに滞在する人もいます.
疲れたらボードゲームを始めたりポケモンを捕まえたり思い思いに息抜きを始めます.杉浦研のスペースは圧倒的な居心地の良さと快適さを誇り,研究室というよりもはや家です.下宿勢曰く「家より快適」とのこと.

杉浦研の研究

詳しい研究内容は研究プロジェクトのページへ.

Q.共同研究はどういったところとしていますか?

A.同じ学科だと,斎藤(英)研,杉本研などと共同のプロジェクトがあります.外部の研究機関だと,産業技術総合研究所,東京医科歯科大学,筑波大学,東京都長寿医療センター,民間企業との共同研究もたくさんあります。共同研究が多いことも杉浦研の特徴の一つです.

Q.研究テーマはどうやって決めるの?

A.杉浦先生からネタを提供して下さることもあれば,自分で考えたり,自分の興味のある方向を考慮しつつ一緒に考えたり,共同研究が突然降ってきたり,いろいろです.研究テーマが無くて困るってことはまず無いです.

杉浦研の配属

Q.杉浦先生の授業を取っていないけど大丈夫?

A.大丈夫って杉浦先生がおっしゃってました.

Q.説明会は全部行くべき?

A.来た回数は特にカウントしていないです.期間は限られているので,是非いろんな研究室の説明会に参加しましょう.

Q.説明会と日程が合わないので個人的に見学したいのですが…

A.いいよ!ということでこちらまでご連絡下さい.→2018s-lcl-group@keio.jp

Q.定員が溢れた場合、配属はどのように決定されますか?

A.「大学院進学の可能性」「成績」「プログラミング能力」「英語能力(TOEIC/TOEFL等の英語の公的試験の成績)」「情報工学基礎実験 – 実世界センシング – の内容」の情報を事前に教員まで共有してもらうとともに,面接時に「これまで自分が熱中したこと・そのときに工夫をしたこと」を発表してもらい,総合的に判断します.その他、細かい情報は研究室配属説明会等でアナウンスする予定です.