ENGE
A Training System for Swallowing Ability by Visualizing the Throat Position
松本渚紗,鈴木千尋,藤田浩二,杉浦裕太
Nagisa Matsumoto, Chihiro Suzuki, Koji Fujita, Yuta Sugiura

誤嚥性肺炎予防のために喉の筋力強化を目的としたトレーニングが着目されているが,自身の喉の動きは視覚的に確認しにくく、正しくトレーニングの動作ができているかわかりづらい.そこで本論文では,光センサを用いてセンサから喉の表面の距離を計測することで喉の動作を可視化して視覚的にユーザにフィードバックをし,トレーニングを支援するシステムを提案する.また喉の動きをゲームの操作として取り入れることでトレーニングを続けるためのモチベーションの向上を目指す.本ユーザ実験では提案したゲームシステムを一定時間間隔で複数回行ってもらい,実験参加者のトレーニング動作が改善されているか検証した.

Throat muscle training is important to avoid food aspiration pneumonia. However, the user cannot see own throat motion easily. In this paper, we have developed a wearable device to visualize larynx position and estimate the larynx position with Support Vector Machine (SVM). This device measures the distance between the skin surface and photo-reflective sensors and estimates position of the throat. We prototyped an entertainment game with visualizing of throat motion. In this game, competition with others can enhance the user’s motivation.