Public/Private Display
パブリックな情報とプライベートな情報を同時に表示可能なウェアラブルシステム
Public/Private Interactive Wearable Projection Display
2018
杉浦裕太、チョントビー、河合航、トーマスブルース
Yuta Sugiura, Toby Chong, Wataru Kawai, Bruce H. Thomas

本研究では、公開したい情報と自分だけが見たい情報を同一平面上に表示するディスプレイ手法を提案する。表示に利用するスクリーンは2層からなり、透明性を制御可能なフィルムとその下に再帰性反射材を重ね合わせることで構成される。ユーザは小型プロジェクタを頭部に装着する。フィルムが不透明の状態の場合、プロジェクタから出た情報はこのフィルム表面で拡散するため、情報を公開できる。一方でフィルムが透明の状態の場合、ユーザのプロジェクタから出た光は、再帰性反射の表面で反射し、その後入射した方向に戻るため、プロジェクタの装着者しか情報を閲覧することはできない。プロジェクタの表示映像とフィルムを同期させることで、パブリックな情報とプライベートの情報を同時に表示可能である。本研究ではこの原理を用いてウェアラブルタイプのシステムを構築し、さらにベーシックなインタラクションのデザインや複数のアプリケーション例を示した。

We propose a wearable projection system that displays both public and private information concurrently. The system is composed of a 2-layer forearm mounted screen and a head worn device which projects images on the screen. The screen can be switched between two modes, light-diffusing mode, where projected image is visible to the surrounding viewers and light-transmitting mode, where projected image is only limited to the user. We conducted a set of design workshop to identify the optimal placement and interactions with this display system. We also implemented three display methods to present public or private information, which are contextualized with several use-case applications, supported with four sets of gestures.